2017年5月22日月曜日

5月22日(月)


「いもむし」この言葉の響き、どこか懐かしさと可愛らしさを感じますネ~おや?感じない?実は今が嫌われ者の旬の時期です。あっちの葉こっちの木と眺めれば、ホラそこに!見つめれば体に似合わず小さな顔。まなこなんてどこにあるかも分からない…でもアラ不思議~高級な毛皮をまとったり、前衛芸術的な装いあり、赤ちゃんまがいのすべすべお肌の持ち主がいたり…と個性的な「いもむしワールド」が目の前に!生きている虫が苦手な方は、こちらパークセンターにお越しあれ~はらぺこアオムシ顔負け?のカラフルいもむし達が沢山出迎えてくれますよ!(y)

5月21日(日)

『智恵子抄』。高村光太郎が妻とのことを綴った一連の詩たち。本日の「森のコンサート」では松本律子氏と中村雅子氏によって、マリンバの音色をのせた朗読で、抜粋した詩を上演しました。浅学の私はこの有名な詩集を読んだことがありませんでしたが、ふたりが愛を育む場面から智恵子が亡くなった後のことまで、情景が眼の裏に浮かぶようなすばらしいステージでした。お客さんは言葉と音楽がもつそれぞれの魅力の融合を感じることができたのではないでしょうか?(HN)

2017年5月20日土曜日

5月20日(土)

公園では毎日気温調査をしています。朝9時半の気温は既に27℃!暑いです!とっても暑いです!!夏の暑さにまだ慣れてない身体には急な気温上昇は辛いですね…。日射病・熱中症には気を付けたいものです。山が主のこの公園では森林浴ができ木陰もあるのですが気温上昇にはさすがにキツイ。帽子・水分補給には心がけて頂きたいと思います。緑豊かなパークセンター。入口に小さなオアシスが飾られています。元管理の仲間だったF氏が育てた鉢の植物が置いてあります。今は、シモツケソウ、梅花うつぎ、デンドロビウムがお出迎えしてます。蕾からだんだん咲く花にも癒されます。宜しければ観にいらっしゃって下さい。(kk)

2017年5月19日金曜日

5月19日(金)

先天続きで少しずつ気温も上がっていますね。そろそろ熱中症の心配をし始めないといけないですね。水の苑地では、現在もルピナスの見ごろが続いております。ルピナスまつりのあった14日ごろは1番花が見ごろでしたが、2番花3番花と後続部隊が咲いてきております。5月いっぱいまでは楽しめると思います。「ルピナス」という名前はこの種類の「属名」で由来はラテン語のオオカミに由来しています。貪欲に吸肥をすることからオオカミにたとえられました。和名は「ハウチワマメ」という名前が付いているようです。これは葉っぱがうちわの様に広がっていることが名前の由来のようです。国が違えば着目する特徴も違いますね。(KS)

2017年5月18日木曜日

5月18日(木)

最近はキビタキばかり追いかけてます(笑)頑張った甲斐があって、先週満足いく写真が撮れました!昨日の事ですが、キビタキ同士の縄張り争いを見ました。始めはハチが飛んでいるのかと思っていました。ブンブンと大きな音がしていて見上げたらキビタキのオスが争っていました。ハチだと思っていた音は羽音のようです。しばらく写真を撮りながら見ていたけど、時間切れで後ろ髪を引かれる思いでその場を去りました。その後、どうなったのか気になるところです。負けたら、その場所から移動しなきゃならない、自然界の厳しさをちょっとだけ見ることが出来ました。(s)

2017年5月17日水曜日

5月17日(水)

5月のイベント「ルピナス祭」も盛況のうちに無事終わり、昨日は大規模地震を想定した職員による緊急参集訓練を行い初動体制などの確認を行いました、このような訓練が訓練だけで終わり何も起こらなければと思う次第です。さて、津久井湖城山公園でもホトトギスの鳴き声が聞こえる頃となりました。ホトトギスは夏の渡り鳥、関東では立春を過ぎたて聞こえるそうです。ホトトギスの鳴き声のように四季を感じさせられるものとして「春の花、夏の時鳥、秋の月、冬の雪」と代表する風物は昔から言われています。季節を感じに津久井湖城山公園に出掛けてみてはいかがですか、ご来園をお待ちしております。(SK)

2017年5月16日火曜日

5月16日(火)

本日は、緊急参集訓練を行いました。朝6:30に地震が発生した想定で、職員が交通機関を使わず、徒歩などで公園に何時に集まれるか訓練を行いました。また、防災倉庫の確認などを行い、いざという時迅速に対応できるよう訓練しました。皆さんは、日ごろからの備え、しっかり行っていますか?我が家は子供が小さいので、子供だけはと思い先日防災リュックを準備しました。災害は、もちろん起こらないのが一番ですが、忘れたころにやってくるのも事実です。その時に、自分自身と家族を守れるよう備えたいものです。(RK)