2017年1月23日月曜日

1月23日(月)


パークセンターの周り、ドウダンツツジの植え込みからカワイイ黄色の福寿草が咲き始めました。春を告げる縁起の良い『幸福・長寿』の花です。枯れた葉の間から顔を出す黄色いビタミンカラーは元気になりますね♪ただ、見た目の可愛さとは別に有毒らしく・・・ちょっと怖いですぅ(汗) でも毎年カワイイ顔出してくれて癒しになります。ありがとう(^^)「水入りの水をやりけり福寿草」正岡子規 (kk)

2017年1月22日日曜日

1月22日(日)

今日は千葉の鴨川から、6人の方に視察に来ていただきました。江戸幕府直轄、最大の牧であり、日本近代酪農文化発祥の地でもある「嶺岡牧(みねおかまき)」の保全と活用を図るH先生と「カルチャースチワード」養成講座受講生のみなさん。津久井城の取り組みについて興味を持っていただき、今回の視察となりました。朝10時到着予定が、圏央道がガラ空きで9時到着。おかげで城山山頂まで登り、津久井城を堪能していただけました。津久井城の活用もまだ途上ですが、少しでも嶺岡牧活性化の参考になれば幸いです。(HN)

2017年1月21日土曜日

1月21日(土)

今日は良く晴れて気温ほどの暖かさはなく、冷たい風が吹きとても寒く感じました。巡視に行くとカラスザンショウの実をついばみ、木々から木々へと移動するモズや、ミミズをくわえひょっこり顔を上げたジョウビタキ、シロハラは木々から木々へと移動し、枯葉をカサカサ何を探していたのでしょうか?冬枯れで見通しのきく林内での野鳥観察は最高ですよ!また、今日はムササビ君が巣箱からひょっこり顔を出していたそうですよ~(初めての来園で見る事が出来た家族連れは、大喜びでした~!)(a)

2017年1月20日金曜日

1月20日(金)

今日は朝からの曇天に加え気温もほとんど上がらず、いつ雪が落ちてきてもおかしくない天気でした。せめて夜までは降らないでいて欲しいと勝手に思っていましたが、午後4時過ぎた頃、窓の外を見るとそれが優雅に落ちてきました。子供の頃は雪が降れば喜んでいましたが、今となっては様心配事ばかりです。積雪後に澄み渡った天気の公園は心が洗われるようです。適度な積雪なら大歓迎ですね。(gk)

1月19日(木)

今週は厳しい寒さが続いていましたが、今朝は少し寒さが和らぎ、日中は雲が多めでしたが少し温もりを感じました。明日は大寒で、まだまだ厳しい寒さが続きそうですが、すでに冬至から1ヶ月近くたち、日暮れの時刻もだいぶ遅くなってきました。このところ、平地では天気が良くても丹沢の山々には雪雲がかかることが多いのですが、午前中は蛭ヶ岳の左側の尾根に頭を左にした雪の白馬模様がよく見え、また、園内の菜の花や梅もだいぶ咲き始め春の気配が感じられました。(ST)

2017年1月18日水曜日

1月18日(水)

今週末は雪の予報が出ていますね。事務所から見える丹沢の山々は真っ白に雪がかぶっています。最高峰の蛭ヶ岳を望遠鏡で覗いてみると山頂には蛭ヶ岳山荘が見えます!また事務所から観て蛭ヶ岳を左に行った鬼ヶ岩のあるあたりの下に、馬の形をした雪跡「丹沢白馬」が見えます。根小屋に来たら遠くの山並みを見てみるのも面白いですよ。また雪が降ると公園作業がとても大変になるので戦々恐々としてますが、個人的には動物の足跡等が観察できる絶好のチャンスなので、なんとも複雑な気持ちです。(KS)

1月17日(火)

鈴なりの可愛らしい白い実をヒヨドリがついばんでいるので、何の実だろう?と近づいてみると「センダン」の木でした。果肉・樹皮は漢方につかわれるようですが、人や家畜が誤ってこの実を食すと中毒症状を起こしまうそう。有毒とは知らなかった!はたまた平安時代には獄門台の材としても使われていたそうな・・・一本の木にも歴史あり。ですね。(yk)