2018年5月27日日曜日

5月27日(日)



辺り一面が草木の緑に覆われた「万緑の候」になりました。そんな季節に姿を見せてくれるのが虫!その虫の「口」ってどんな種類があるんだろう?パークセンター内の季節展示「コテコテ昆虫面々胴どう?」というタイトルで、昆虫たちの口に注目した展示をしています。噛んだり吸ったり舐めたり…色んな口のタイプがあるんだ~。ということが拡大模型をみながら、じっくり観察できますよ。この展示を見た後は虫メガネ持って実際に虫を観察してみてはいかがでしょうか(^^)(yk)

2018年5月26日土曜日

5月26日(土)

本日滋賀県で第29回全国「みどりの愛護のつどい」が行われています。日ごろ緑の保全育成に携わる人達を一堂に会して都市緑化意識の高揚を図るというものですが、ここで当園のSKT(助っ人)花壇班が国道交通大臣表彰を受けることとなりました。SKT花壇班は月に2回花の苑地「ロマンの丘」で花壇の手入れをしており、いつもキレイな花壇を公園のお客さんに提供してくれています。いつもありがとう。そして、やったね!(HN)

2018年5月25日金曜日

5月25日(金)

最近公園をお散歩していると、あちこちで白い蝶のようなきれいな虫が乱舞しているのを見かけます。特定の木の周りをヒラヒラ、何十匹いるのか、何百匹いるのか?これはミズキの木に群がる「キアシドクガ」です。誰がこんな不名誉な名前をつけたのか、ドクガ科の昆虫ではありますが、幼虫にも成虫にも毒はありません。昼間よく飛ぶので、多くの人は蝶々と思って見ているかも知れません。今日寄せられたどこでも俳句にも「白い蝶が舞う」と詠んだものがありましたが、これも「キアシドクガ」のことかも。蛾でも蝶でも、この白い乱舞は今の季節だけの幻想的な光景です。(ma)

2018年5月24日木曜日

5月24日(木)

今日は、ひと雨来ましたね。まさに通り雨。また季節が進んだなと感じさせる天候でした。私がまだ小さい時は、梅雨などは特にですが、雨はしとしとと降り続くことが多かったよう気がします。近頃は、スコールのように降ることが当たり前になってきましたね。今日のような雨の降り方を見てると、学生時代に旅行したカンボジアを思い出します。やはり温暖化なのでしょうか。日本も東南アジアのような気候になってきたなと思う一日でした。(RK)

2018年5月23日水曜日

5月23日(水)

お昼まで天気がもちそうだったけど、早めに降り出してきました。雨が降るとひっそりとしてしまい寂しい感じの園内です。今、園内ではヤマボウシがたくさん咲いています。デッキ園路を歩いているとかなり咲いているので綺麗で目を楽しませてくれますよ。
今朝、園内を回ったらキビタキの声がかなり聞こえました。今日はいつものカメラと違う、望遠のきくカメラを持ってきたけど収穫はゼロでした(泣)今度は天気の良いお休みの日にゆっくり鳥観察しに来ようと思います。(s)

2018年5月22日火曜日

5月22日(火)

今日は暑い一日となりました。今日は花植え会があり花の苑地の植え替えを行いました。冬の花から夏の花へ衣替えです。駐車場の大型花壇には「アンゲロニア」という花を1200株ほど植えました。アンゲロニアはゴマノハグサ科の中米・西インド諸島原産の多年草です。今はまだ小さくて何色が咲くかわからないくらいなのですが白・ピンク・パープルの3色を植えました。1か月後くらいから咲く予定ですので楽しみにしていてください。観光センター横のジューンベリーに赤い実がなっています。いつもはすっぱいのですが今年は甘い!!つまみ食いをしながらの花植えも楽しみの1つです。(RN)

5月21日(月)


米利堅吐金草とでも書くのでしょうか。メリケントキンソウ。芝生の中に生える外来生物で、タネがとても鋭いトゲトゲをもち、知らずに芝生を裸足で歩くと刺さってとても痛い植物です。現在水の苑地の芝生広場に跋扈しており、今日はスタッフ総出で引き抜き作業を行いました。ただしすでにタネを付けているものが多く、ぜんぜん除去しきれておりません。水の苑地の芝生広場を歩く際は、絶対に裸足で歩かないよう、特にお子さんには注意していただければ幸いです。(HN)